So-net無料ブログ作成

ノーベル平和賞、カイラシュ・サティアティの功績

スポンサードリンク




ノーベル平和賞はインド人カイラシュ・サティアティとパキスタン人マララ・ユスフザイ


本日日本時間午後6時、ノーベル平和賞が発表された。
受賞したのはインド人の運動家カイラシュ・サティアティとパキスタン人のマララ・ユスフザイ。
インド人とパキスタン人、対立する両国からの二人の受賞には、緊張が高まるインド・パキスタン両国に対する牽制の意味もあるのでは、という見方もある。

カイラシュ・サティアティの功績


マララ・ユスフザイさんについては、すでにニュース報道などでかなり詳しく紹介されているので、当ブログではカイラシュ・サティアティさんにスポットライトを当てて紹介してみようと思う。スポンサードリンク




カイラシュ・サティアティは1989年に「南アジアこども奴隷解放連合」を設立。
インドにおいて奴隷のように働かせされている子どもたちを助ける運動を行っている。
カイラシュ・サティアティが解放運動を始めてから、2005年までに五万人近くの子どもたちが過酷な労働から開放され、教育の機会が与えられた。
保護された子どもたちは「バル・アシュラム」と呼ばれる児童労働リハビリセンターで暮らし、少しずつ社会に復帰していく。
痛ましいことに、保護されてすぐの子どもたちは過酷な労働のせいで自分の考えや感情を表現できず、そのリハビリもセンターの使命の一つなのだという。
また、カイラシュ・サティアティは「児童労働に反対するグローバルマーチ」という組織の代表でもある。
彼の構想は壮大だった。
児童労働をなくすために、みんなで世界中の大陸をマーチしようと考えたのだ。
誰もがそんなことできっこないと彼に言った。
しかし、彼は成し遂げた。たくさんの参加者を集め、世界中の大陸を本当にマーチしてみせたのだ。
児童労働の問題は、特にインドなど途上国においていまだに大きい。
根絶は不可能だとも言われる。
しかし、カイラシュ・サティアティが不可能と言われたマーチをやってのけたように、いずれ根絶できるはずだ。
そういう願いも込めての今回のノーベル平和賞受賞であったのだと思う。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。