So-net無料ブログ作成

森永邦彦と「ANREALAGE」 前衛であるということ [ファッション]

スポンサードリンク




服は芸術である。


服は芸術である。
己の感性を、価値観を表現するための場として、
キャンバスやスクリーンに勝るとも劣らず。
デザイナー、森永邦彦の作る服からはそんな主張が聞こえてくるようだ。
「変色する服」や「サイズが変わる服」…。
彼の作る服はいつも常識を一笑に付す。スポンサードリンク




アバンギャルドであること。


アバンギャルドとは言葉通りには前衛という意味である。
前衛はいつも道を切り開く。
時代の先頭に立つ。
かつてコム・デ・ギャルソンが「黒の衝撃」で欧米を震撼させたように。
マルタン・マルジェラが「脱構築」によってファッションの常識をまったく覆してしまったように。
そして、新しい道はいずれ、一度通った道へと変わる。
黒ずくめファッションは今では定番の一つとなった。
マルタン・マルジェラの示した、ラグジュアリーとストリートの融合は、いまや各ブランドの常套手段である。
もしかしたら、森永邦彦の実験的手法もいずれ、当たり前のものとなるのかもしれない。
温度を保つ服。
くうきを表現する服。
彼が提案したそんな服が、いずれストリートを当然のような顔をして歩く時が来るのかもしれない。
そしてその時、彼は本当の前衛となる。
前衛の名は、ただ先頭にいるだけではなく、その後ろに道を残して初めて冠されるのだ。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。